2006年04月15日

小説 劇団ひとり 『陰日向に咲く』

劇団ひとりは天才だ。

語彙力こそ作家には劣るが、面白い。
短編が重なり合って、長編小説を作り上げている。




■関連情報

posted by 俺 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/21350720
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。