2006年05月23日

理工学書 寺田 賢二郎『均質化法入門』

研究室に泊り込んで均質化法の勉強をした。
均質化法の入門本といったら、これが最適だろう。


この本で学んだことを土台に、非線形への応用を試みているが、なかなか難しい。
非均質材料における微視的構造の解析により、その巨視的応答を得るための方法論として知られる“均質化法”を計算力学の立場から解説。均質化法のモデル化の考え方や、定式化を丁寧に解説するほか、例題を通して具体的な計算過程についても述べる。特に、CD‐ROMに付録の有限要素解析プログラムソースコードと、導出した支配方程式との対応をとることによって、均質化法の理論と計算手法の双方が理解できる。




■関連情報

posted by 俺 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/21351289
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。