2006年07月29日

映画 『ゲド戦記』

ゲド戦記.jpg『ゲド戦記』の原作は、
『指輪物語』・『ナルニア国ものがたり』と並んで、世界三大ファンタジーの一つと言われるアーシュラ・K・ル=グウィンの同名小説。

宮崎駿が以前この作品の映画化を申し入れたが断られた事があり、
近年になって原作者側から申し出が出てようやく映画化となった作品である。

スタジオジブリが世界的に認められたことを確固たるものにできるか。
あの壮大なファンタジーの世界を、原作同等かそれ以上に表現できるか。
期待して観にいった。


しかし、原作を読んだ1ジブリファンとしてはがっかりな出来。
ジブリのすごい点は、原作を読んでいてもいなくても、その世界が十分理解でき、
原作以上の深みと感動をもたらすことが出来る点。

今回は『ゲド戦記』の世界観は原作を読んでいないと伝わることはないし、
登場人物の人間関係や彼らの心情も非常に希薄で感情移入できない。

そもそも初めて見た人は、ゲドがまったく活躍しないのになんでこれが
『ゲド戦記』なのって感じだろう。。

ゲドが活躍する原作本1〜3巻くらいをしっかり描いたほうがよかったのではなかろうか。
(映画化されたのは実質、3巻以降の内容)

映像や音声の質がとても高い分、中身の空虚さが際立ってしまう。。

これでこの先、スタジオジブリから『ゲド戦記』が映画化されることがないと思うと
非常に残念。。

次回作に期待、である。
『シュナの旅』とか映画化されないかなぁ。
それか漫画版『風の谷のナウシカ』のTVアニメ化とか。。




■関連情報

posted by 俺 at 19:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/21610765
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。