2006年09月22日

チャーシューメンとおばあちゃん

うちのおばあちゃんは、ラーメン屋に行くといつも
「チャーシューメン」を頼む。


本当に毎回毎回チャーシューメンを頼む。


チャーシューがよっぽどの好物なんだな。


ある時、おばあちゃんがチャーシューを残していることに気づいた。


お腹いっぱいになっちゃったんだろうか。
どこか体でも悪いのだろうか。


また後日、ラーメン屋に行った時もチャーシューを残してしまっていた。


大好きなチャーシューを食べられないなんて。。
どうしちゃったんだろう。


でもスープや麺は全部平らげてる。


「どうしたの?チャーシュー食べないの?この前も残してたよね?」
と聞くと、


「この肉いっつも入ってるけど、これ好きじゃないんだわ」


衝撃だった。父親が一番ショックを受けていた。


チャーシューがなんだかわからないのに、しかも嫌いなのに、
チャーシューメンを十数年頼みつづけていたのか。


人って、分からないものですね。
それ以来、うちではおばあちゃんにチャーシューメンは注文させない。



■関連情報

posted by 俺 at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々徒然
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。