2005年05月20日

映画 戦国自衛隊1549を観ました

senngokujieitai.bmp試写会が当たったので戦国自衛隊1549を観てきました。

スタッフとキャストの挨拶もあり、生で江口洋介、鈴木京香などを見られたのは新鮮でした。江口洋介はがっちりしたいい体してました。鈴木京香はめっちゃウエスト細かった。綾瀬はるかはなんだかお腹が出ていたような気がしたけど、まさか妊娠・・・?

映画自体は、制作費かけた割りに・・・って感じ。ネタばれですが、タイムスリップに細かい設定しているくせに、機器の障害の設定(爆弾のシステムは異常になるのに、ヘリは普通に動いてる)とか、アバウトな部分が多いなぁ。第一回目のタイムスリップの影響よりも、歴史を修正するために行ったロメオ隊(江口洋介の部隊)のやつらのほうが歴史をぶち壊しまくってると思う。。斉藤道三はちょっとうけるけど。

戦国自衛隊 俺は1979年の前作「戦国自衛隊」のほうが好きですね。戦国時代と自衛隊ってのが鮮烈な印象でしたね。人情味も緊張感も今回よりあったように思います。観たのがずっと前だったので正確ではないですが・・・。



■関連情報

posted by 俺 at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。