2005年08月20日

靖國神社参拝〜遊就館見学

050820_yasukuni_01.jpg 両親と東京・九段下にある靖國神社へ行ってきた。

とても有名な場所なのに、靖國神社を訪れるのはこれが初めて。
意外に近くにあったんだ。。


050820_yasukuni_02.jpg 多数の戦没者がカミとして祀られている神社である。
2礼2拍手1礼が正しい参拝の仕方のようだ。

日本人戦没者の他に、台湾人・朝鮮人戦没者の方も祀られている。

050820_yushukan.jpg 靖國神社を参拝した後、靖國神社の隣にある軍事博物館「遊就館」を見学した。

館内で上映されていた「私たちは忘れない」という短いドキュメンタリー映画を観た。
涙が出た。今まで戦争物で涙が出たことなどなかったのに、戦争に負けた日本を見て、正直「悔しい」と感じた。戦没者の無念さ、悔しさを思って涙が出たのだ。初めての体験だった。

「戦争はしてはならないが、戦争をするなら負けてはならない。」という言葉が印象的だった。正義は戦勝国にあるとみなされるからだ。

「死んだら靖國で会おう」と言って散っていった私達の父祖を思うと、日本人として靖國神社に参拝する・しないが問題になっていること自体が情けない。戦争を体験していない者たちが、軽々しく議論などすることができない思いが、そこにはあると感じた。

俺は日本の天皇陛下、首相に、堂々と公式参拝してもらいたい。
もっと私たちは歴史を学ばなければ。



■関連情報

posted by 俺 at 22:44 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日々徒然
この記事へのコメント
親孝行ですね.
ちなみに境内横の桜は
と今日の開花宣言の目安としてつかわれています.

しってました?
Posted by tea_cookies at 2005年08月22日 09:03
久しぶりっす〜
おれも最近友達と二人で靖国神社行ってきました。
で私たちは忘れないみたけど、あれってすごい不自然
なまとめ方な気がしたんですよねー。たしかに戦争で戦った人たちの思いとかはすごい共感したけど、大東亜アジア圏をむだに誇張したり、おれはむしろあれをみて戦争をすげー正当化してるなって思いました。中国の人たちがあの映画をみたら、本当にやばいだろーなって。戦争を一面的に勝ち負けで見るんじゃなくて、やることにそもそも問題があるってことをもっと日本人は知るべきなのかなって。
だからおれもあえて日本人は靖国神社に参拝していろいろ感じるべきだと思います。そしてその上で首相の靖国参拝を考えてほしいと思いました。
長くなってすいません〜
Posted by こけし at 2005年08月22日 18:31
>tea_cookies
書き込みありがとうございます!
東京の桜の開花宣言は靖国からだったんですか!?知らなかったです。。
親孝行っていうか、単に自分が行きたかったこともあったんですよ。しかし、勉強すればするほど自分は日本のこと、世界のこと知らないなと思い知らされます。。

>こけし
おお!初書き込みかな?サンキュー!
「私たちは忘れない」は一方的な描かれ方しかしてないのは確かだよね。略奪・強姦といった暴力行為をした日本人が1人もいなかったなんてことはないだろうし。
でも、アメリカ・中国など世界の目を気にしすぎると、何も言えなくなってしまう、何も伝えられなくなってしまうと思うんだよね。確かに日本が起こした問題も沢山あるんだろうけど、日本があれだけひとつになれた背景には、今の日本にはないいい部分も沢山あるんじゃないかと。自分の国を誇りに思い、世界に立ち向う強い力があったんじゃないかと。そういう意味で、日本をひたすらに肯定する意見も知っておかねばと思うのよね。
こけしはこれから様々な諸問題の最前線に立つわけかぁ。俺としては、海外との接点にいる人は、視野の広いことはもちろん、日本を心から好きな人であって欲しい。日本を知っている人であって欲しいと思います。
個人的な意見を押し付けちゃってすまんす。外務省っていう自分が目指していた場所で、やり甲斐のある仕事をできるこけしがうらやましい。是非、頑張ってな〜!!応援してるよ。
Posted by 俺(管理人) at 2005年08月22日 20:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。